日本の心『畳』を
   後世そして、世界へ。

     大正元年に創業してから四代約百余年、
       千葉県横芝光町でその伝統守り続けています。

  畳は日本らしさ
   和を象徴します

     創業当初より受け継いだ、
      ”より良い畳作り”を心掛け、
        お客様のライフスタイルに合った畳を
         ご提案いたします

  時代の変化と共に
   畳も変化してきました

     見慣れた畳をはじめ琉球畳や
      パズルのピースのような畳
       多種多様な畳をご提供できます

トピックス

2019.04.28

ホームページリニューアルしました!

日本の伝統『畳』をもっと多くの方に知っていただきたく、ホームページをリニューアルいたしました。 今は和室が少なくなってきて畳に触れる機会は少しずつ減ってきているかと思います。 しかし、畳は古くから日本人の生活と共にあり...

お知らせ

お知らせ一覧

畳表の種類

畳表

畳表には大きく分けて三種類があります。
簡単にその種類についてご説明いたします。
ご覧の方のご自宅はどちらの畳表でしょうか。

・国産表
全国十数か所で生産されており、色調、光沢、地合いそれぞれ地方によって様々です。中国産に比べ自然な色合いでい草にねばりがあり耐久性があります。価格は中国産より高くなりますが、普及品から特選品まで豊富にそろっています。

・中国表
国内消費価量の約8割を占める外国産畳表です。価格が安いことから急速に使われるようになりました。全体的な品質は中~下物が中心で、集合住宅や賃貸住宅等に多く使用されています。国内産とのい草の取り扱いの差などから耐久性は低く、色合いを統一するためにほとんどの畳表に着色料が使われており、自然の風合いに欠ける物になっています。

・科学表
天然のい草を使用せず、全くの新素材を使って畳表風に仕上げた製品です。原料はメーカーによって様々ですが、天然の和紙やポリプロピレンを原料としているものもあります。従来のい草畳表にくらべ耐久性が有り、変色もほとんどなくダニやカビの発生も抑えます。よく見かけるとしたら柔道の畳ですね。

畳床の種類

畳床

畳表にも種類があるように畳床にも種類があります。
そもそも畳床って何?
という方は、畳の中身と思っていただければ。
昔ながらの製法のものは
藁を利用したものになっております。

・藁床
良く乾燥させた藁を層になるように縦横に積み上げ圧縮し縫いあげてつくられます。藁の質、配列の仕方、均等に圧縮してあるかどうか、縫い目の間隔などによ り品質が決まります。たくさんの藁を使用し、配列を多くし、縫い目間隔が細かいものが高級品とされています。職人の技術次第です。

・藁サンド床(当店では取扱はありません。)
サンド床はポリスチレンホーム、又はインシュレーションファイバーボードを藁ではさんだ床です。藁床に比べて軽くダニが発生しにくいのが特徴です。また感触が藁床によく似ています。

・建材床
中心にポリスチレンフォーム、上下をインシュレーションボードで挟んだタイプ。建材畳床と言えば殆どがこの畳床。
安価で加工が容易なため、コストが下げられます。また、軽量で比較的湿度に強く、害虫も発生しにくくなっていますが、フォームはへたり出すと腰の抜けが早く、耐久性に劣ります。

イグサdeアレンジ

工芸品

畳をアレンジして色々な工芸品を作っております。
例えばコースターや髪留め健康グッズなど。
当店では畳だけではなく一風変わったものも販売しております。

イグサde◯◯シリーズ

当店では畳をもっと身近に感じていただくため、イグサでいろんなアレンジ工芸品を作成しております。
他にも多くのシリーズがありますので、ご確認くださいませ。

商品ページはこちら